インターネットと言ったら光ファイバーが主流です。WEB閲覧が快適になります。また重いデータの送受信も可能です。

WEB閲覧の他、データ送受信には光ファイバーが適しています

WEB閲覧の他、データ送受信には光ファイバーが適しています

WEB閲覧の他、データ送受信には光ファイバーが適しています 光ファイバーが普及した今では、インターネットと言ったら光ファイバーです。
ADSLを使ている人は少ないでしょう。
私の家は、まだADSLですが。光は維持費が高いんです。
安いと宣伝していますが、絶対に高いです。
私の財源では、維持が出来ません。
しかし、良い物は高いという世の中の常識が有りますから、その効果は絶大です!ADSLは下り速度は速いですが、上り速度が遅いです。
WEB閲覧だけなら問題有りませんが、上がり速度が超遅い為アップロードには不向きです。
最近のインターネットは、上がり速度も重要です。
オンラインストレージというデータ保管方法が主流ですから、上り速度が遅いと使い物になりません。ひたすら待ち続ける必要が有ります。
光ファイバーだと、ストレスなく快適にデータ送受信する事が可能になります。
維持費が高いだけの価値は有ります。
最近は、何をするにも大容量な物が多いです。
WEBサイトも年々重くなって来ています。
当然ながら画像や音楽や動画データが埋め込んであるWEBページは、文字だけのページよりも重いです。
動作が鈍いという意味です。
反応が遅いという意味ですね。

同じ重いWEBページでも通信環境がADSLと光ファイバーでは、閲覧時の反応速度が全然違ってきます。
重いページは、本当に先に進みませんからねぇ。だからこそ、光ファイバーに乗り換える人が多いんです。
今は、動画共有サイトも盛んですから通信速度が重要視されます。
また、動画を視聴するだけではなく、最近は自分で生配信する事が流行っています。
アップロードを快速に行うには、上がり速度が下り速度に負けない位の速さが必要だと言えます。
光ファイバーが、ADSL並にもっと安くで提供されればインターネット利用者全員が、ADSLから光に乗り換えるはずです。
そんな日が、近い将来やって来る事を私は待ち望んでいます。
光ファイバーを超える新たな通信方式が登場すれば、安くなるのかもしれません。

おすすめサイト